愛知県瀬戸市、作家直営ギャラリーくれいからのお知らせ。 くれい主催事業各種の告知と、作家個人の出展等活動告知。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    常設展示

    さて明日からは常設展示です。

    2012秋・常設展示1

    先週までとはうって変わってうつわがメインの展示になりました。
    掛け花やアクセサリーを壁一面に展示してみました。
    スポンサーサイト
    1. 2012/10/26(金) 23:56:08|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    「いきものてん2012」終了しました。

    今年のいきものてんは本日をもちまして終了しました。
    いきものてん2012終了
    今年も多くの皆様に楽しんでいただけて大変光栄に思います。
    いきものの面白さ、興味深さは尽きることがなく、
    今後も更に深く楽しくいきもの表現に迫っていきたいと思います。
    どうもありがとうございました。

    次の土曜日からは常設展示です。
    秋から冬に向けて、ほっこり暖かい感じのうつわなどを並べていきたいと思います。
    1. 2012/10/22(月) 22:45:25|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    いきものてん2012最後の日曜日

    昨日までは少し肌寒かったけど、今日は温かい晴天でほんとにお出掛け日和ですね。
    各地でいろんなイベントなどが模様されている模様。
    瀬戸の街はイベントの狭間で落ち着いた週末です。

    いきものてんは最後の日曜日、会期は今日も含めてあと二日です。
    ・・・というか2時間と一日ですが・・・
    ですがせっかくなのでいくつか作品のごしょうかいをば。
    阿部未来「謎の浮遊生物」
    まずは入り口上で泳いでいる二匹のよくわからないいきもの
    阿部未来の「謎の浮遊生物」
    背の高い方は頭上にご注意を。
    橋本緑「とり」「とり一輪挿し」
    入ってすぐの脚立棚中段には
    橋本緑の土器の「とり」「とり一輪挿し」たち。
    鳥の一輪挿しは土器だけど水を入れても大丈夫なようになっています。

    栂尾しづく「かいじゅう」
    窓際、栂尾しづく「かいじゅう」
    栂尾さんは炭化焼き締めでいろんなうつわと怪獣やねこ等をつくっています。
    かいじゅうたちもいかついようでいうてどれも独特なとぼけた表情で見る人の気持ちをなごませてくれます。
    なかでもこの2つは絵本のようなかわいい系です。
    栂尾しづく「ねこ」
    ねこもかわいいです。
    明日は栂尾しづくさんが店番です。
    どうぞおこしくださいね。



    1. 2012/10/21(日) 14:35:18|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    いきものてんあと3日!

    今年のいきものてんも明日からの三日間の営業が最後になります。
    作品紹介の、あれこれと写真撮ってみました。
    あいうえお逆順で、まず

    野村晃子さん
    野村晃子
    さかなの世界を描いた食器類がたくさんあったのですがすっかり品薄になりました。
    普段はお花の絵付けをしている野村さん。
    今回のいきものてんのために描いてくれた海シリーズは貴重かもしれません。

    橋本緑さん
    橋本緑
    黒光りする研磨土器の橋本緑さんのいきものたち。
    陶磁器の釉薬のつやとは全く違った土器の質感の魅力。
    この機会にぜひ触れてみて下さい。

    栂尾しづくさん
    栂尾しづく
    栂尾しづくさんのチビ猫達は思い思いに寝てたり座ったり招いていたり、
    おどけたり、澄ましてたり、くつろいでたり。
    自由気ままな様子で楽しくかわいい。
    かわいい座布団付でみんなそろって500円。
    たくさんいます。お気に入りの子をえらびにきてね。
    栂尾しづくさんは22月曜最終日に店番しています。

    河合幸代さん
    河合幸代
    オブジェやアクセサリーが目立つ河合さんですが、うつわもあります。
    これがまた一筋縄ではいかないおもしろないきものうつわ。
    自由自在に表現したキリンのカップやワニのカップ。楽しい!

    岡山富男さん
    岡山富男
    こわーい顔の猫たちでおなじみの岡山さん。
    今回も猫たちいっぱい来ました。たくさん売れたけどまだまだいます。
    でも猫ばかりではありません。
    このこわーい顔の魚たちもなかなかの不気味さを醸し出していて大変イイ感じですよ。

    阿部未来

    阿部未来
    ちょっとわかりにくい写真ですが、今回の新作「とんびょるカエル」です。
    今回いくつか宙を飛んだり泳いだりしているいきものを作ってみました。
    ほかには、何かはっきりわからないいきもの、たとえば右から見ると象だけど左から見ると羊だったりっていうものなんか作ってみたりしています。

    (なんか写真のサイズがまちまちになってしまい小さい写真になってしまってるみなさんすみませんです。)

    とまあ、つらつらとご紹介していきましたが、やっぱり現物をみてくださいませ。
    おまちしております。
    1. 2012/10/19(金) 23:53:00|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハチノス

    気が付けば「いきものてん 2012」次の土曜日から月曜日までのなんですね。
    長い会期と思っていても始まったらあっという間におわってしまいます。
    お見逃しないように。

    ところで今日ご紹介するのは創作菓子のbonnieux(ボニュー)さん
    大人向けの繊細な味わいのフランス菓子をベースに、おいしくて体にいい素材にこだわり、自由でオリジナリティあふれるお菓子を作られています。

    お客さんにお手紙を送る、という独特なスタイルの通信販売をメインに活動していて、味だけでなく、見た目の楽しさや、箱を開けた時の喜びも同じくらい大切にした、遊びと手跡の残るもの、大人が子どものような笑顔で喜んでもらえるようなもの作りを目指している、というかたです。

    8種のハチミツを使ったMadelaine & Financier

    いきものてんに出してくださっているのは
    「8種のハチミツを使ったMadelaine (マドレーヌ)& Financier(フィナンシェ)」
    手づくりのハチノス状の仕切りのパッケージに入った焼き菓子のセット。
    愛知のクロガネモチ、石川の烏山椒、愛媛の日本ミツバチ、山形の栗、でマドレーヌ
    三重のみかん、栃木のひまわり、フランスの栗、北海道のそば、でフィナンシェ、です。

    「伝統的なフランス菓子で、日本でも馴染みの深い、マドレーヌとフィナンシェを国産ハチミツ7種とフランス産の栗を使って作りました。
    ハチミツの香りと個性が生きるよう、砂糖や小麦粉、バター等全て少しづつ種類や配合を変えています。
    蜂たちによる自然の恵みをどうぞご堪能ください。」


    いきものてんでは、それぞれに使用している8種のハチミツを展示し、それぞれの味を試していただける展示をしています。
    ひとくくりにハチミツと言っても、色、味、後味、香り、粘度、舌触りなど、実にさまざまで個性的。
    ハチミツは、単に蜂が花の蜜を集めたというだけではなく、巣に持ち帰った蜜を蜂たちが水分を発散させ、酵素によって加工し、濃度を上げて作り上げているのだそうです。
    そうして一匹の蜂が蜜を集めて作るのは一生でティースプーン一杯分だそうです。ハチミツって蜂たちの命の結晶なんですね。

    そうした「蜂にまつわるお話」も展示してあります。
    蜜蜂というひとつの種類のいきものに深く入り込んであじわえる展示と作品です。

    ざくっとした、カッコいい雰囲気のお菓子なので、男性かと思われがちですが実は若い女性です。

    発想からコメント、手作りのパッケージ、味。
    全体で味わって楽しめるアート作品のようなお菓子です。

    bonnieuxさんのお菓子がお店で売られる機会は多くありませんので、この機を逃さずお買い求めくださいね。
    1. 2012/10/17(水) 23:21:38|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    今週末は「せと・あとりえ参道」

    さて、いきものてん 2012 も残り半分、明日から営業日です。

    各地でイベント盛りだくさんの今週末ですが、瀬戸では
    第4回 せと・あとりえ参道が行われます。
    どうやら深川神社の参道だけでなく、年々エリアが拡大している・・・のかな?

    参道のブース出展ではくれいの作家、遠藤隆宣や岡山富男が「手づくり楽市」として参加。
    駅前の「パルティ広場」では阿部未来が「ねんどでいきものつくり」というねんどあそびコーナーで参加します。
    陶器のみならず、いろんなジャンルのクラフトを見たり買ったり遊んだりできるイベントです。
    この機会に瀬戸まで足をのばし、くれいにもお立ち寄りくださいね。

    さて、いきものてん
    昨日しそこねた、ボタンやペンダントトップのご紹介です。

    河合幸代・アクセサリー
    台紙がなにやら楽しげですね。
    ものがたりがかくされていそう。

    河合幸代・ペンダントトップ
    一見なんだろ?とよくわからないもの
    正面から見て見ると顔が!思いがけないほど作り込まれている!しかも金彩!
    そしてなにやらイカツイ。いい感じの面構えです。

    そしてこの台紙のふたりとの関係は?
    値札を見ると「よしきくん」とある。・・・ナニモノ?
    ・・・って感じで、小さい中に、よく見ると独特の世界が広がっていたりして楽しめます。

    河合幸代・ボタン
    こんなカラーのボタンもあります。
    ブローチっぽくワンポイントに使いたい。

    今後阿部未来もアクセサリー(?)の出品がある予定です。
    あとお菓子は新アイテムは出ませんでしたがあたらしいこころみがあります。
    そんなご紹介はまたあした。



    1. 2012/10/13(土) 01:02:51|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    陶・いきもの・アクセサリー。

    ブログの更新をさぼっているうちに、あっとと言う間に週末が近づいてきます。

    さて今回のいきものてん
    バッジ、ブローチ、ボタンやペンダントトップといった、身につけて楽しむことが出来るアクセサリー類がこれまでになく充実しています。

    今日はそれらをピックアップしてご紹介。

    河合幸代・バッチ

    河合幸代さんの大ぶりなバッジ。
    お花や動物、カラフルでバラエティに富み、見ているだけで楽しいバッジたちです。
    しまうまとかすごくユニーク!

    河合幸代・動物バッジ
    個性的であそびごころに満ちている一方、素直で素朴な造形や、色のトーンが統一されていることもあり、存在感はあるけど、意外と派手ではないように思います。
    暗くなりがちな冬服のアクセントにいかがでしょう?

    野村晃子さんもさかなのブローチをたくさん作ってくれています。

    野村晃子・さかなブローチ

    魚らしい模様やうろこのもの、花柄のもの、どちらも魚らしさがあり、なおかつキレイ。

    この中からひとつ選ぶなら・・・めっちゃ悩ましいです。

    これからの季節、コートやジャケットの襟元につけるのにはぴったり。
    河合バッジ・付け撮り
    野村ブローチ・付け撮り
    河合バッジ・付け撮り
    というわけで・・・
    いろいろ付けて自分撮り。同じ服でもバッチ・ブローチひとつでだいぶ雰囲気変わる?
    バッグや帽子に付けてもよさげ。
    この冬のお気に入りをえらびに、どうぞお越しください。

    ボタンやペンダントトップもご紹介しようと思ってたけど、長くなってしまったので次回に持ち越します。

    いきものてん 2012
    9.29(土)~10.22(月)の土・日・月・祝日
    11:00~17:00
    ギャラリーくれいlab.にて

    参加作家 
    阿部未来 岡山富男 河合幸代 栂尾しづく 野村晃子 橋本緑 
    創作菓子 bonnieux

    個性的ないきもの表現をするやきもの作家をご紹介するいきものてんは今回で4回目。
    今年はいきものに欠かせないたべものの作り手をまねいてさらに楽しく進化していきます。
    ご期待ください。
    1. 2012/10/11(木) 23:52:51|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    いきものパーティ

    うかうかしている間に三連休も過ぎ去りました。
    土曜日は「いきものパーティ」
    三連休の初日にもかかわらず多くの方にお越しいただき、楽しい会を催すことができました。
    いろいろ不手際もありましたがお越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

    今回ケータリングをお願いした庭禾さんには「いきもの」をテーマにということで微生物のちからを利用した発酵食のメニューを考えていただきました。
    いきものパーティ、盛りつけ中
    いきものパーティらしく、うつわも昆虫の染付や、カエルのレリーフのものなど。


    酒粕のパイ、テンペの生姜焼き、自家製味噌をぬったおにぎりに塩麹のつけもの、
    デザートにはさつま芋とりんごのみりん煮と、みりん粕のトリュフ。
    いきものパーティ、料理。
    日頃から馴染み深い味噌や酒粕、人気の塩麹、なじみのないテンペ(大豆を発酵させたインドネシアのたべもの)よく知っているようで食べたことないみりん粕等々を使ったおいしくてちょっと変わったお料理を堪能。
    中央の長皿に盛ってあるのは「酒粕のパイ高黍ミートあん」ピロシキとかインドのサモサみたいな感じ。
    パイ皮に酒粕が使われているのですが、酒粕の味はあまり主張せず、全体の香りを引き出すという役回り。

    そして期待通りにご来場のみなさんから美味しいお酒をいろいろ差し入れいただきました。
    ありがとうございます。

    いきものパーティ
    宴もたけなわ、思い思いに楽しむ参加者のみなさん。あんまり顔がはっきり映ってる写真はまずいかな?と思って加工してみました。ヘンかな?
    中央あたりでなんか直されているのは橋本緑さん。パンダの仮装をして来てくれました。

    さて、いきものてんはちょうど折り返し点。
    楽しい「いきものくじ」の景品も入れ替わっていますし、bonnieux のお菓子ももしかしたら今週末から新しいアイテムが登場するかもしれません。
    私は個人的に大いに期待している所です。
    もちろん陶器もかなり売れているものもあり、新作の補充も出るかもしれません。
    そんなわけでどうぞ「いきものてん2012」にお越しくださいね。
    (それにしても今回のパーティのデザートに出た「みりん粕のトリュフ」はおいしかった、また食べたいなー。)
    1. 2012/10/09(火) 01:20:38|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    今週土曜日 いきものパーティ

    今週土曜日10月6日
    PM6時から「いきものパーティ」@ギャラリーくれいです。

    瀬戸で料理教室やケータリングをしている、
    くれいではお馴染みの庭禾さんにお料理を作ってもらいます。


    味噌、酒粕、麹、みりんなど、日本で昔から使われている発酵食品をつかい「和風」ということにとらわれず現代風にアレンジした料理を用意していただきます。
    生きている麹や酵母を食するもの、またこうした菌がうまみに変化するもの。
    考えて見ればいきもののたべものはみんないきものなんですね。
    ...当り前なことだけど。
    発酵食品というのは死んだいきものをごく小さいいきものたちが食べて変化させたもの
    そこにさらなるうまみを見出した別のいきもの(人間)が利用して食べるんですね。

    今回お菓子のbonnieuxさん、ケータリングで庭禾さんと、たべもののひとにいきものをテーマにしたことを考えてもらって思ったんですが、
    たべものからいきものを考えた時環境、風土という要素がつよく意識されるものなのかな。
    そのこと、わたしはとてももっともだとおもいます。
    もちろんいきものは、今までと違った環境に送り込まれてもたくましく生き延び繁殖し蔓延っていきますが、
    常にある環境の上で、いろんないきものたちがあらゆるレベルで食べたり食べられたり、相互に影響し合ってそこにいきものが生きるための環境を作り上げて生きています。

    いきものがいきものの生きる環境を作り、その環境に作られていきものは生きている。そうして絡み合いながらぐるぐる回っているいきものワールドのありように思いを馳せながら食べたり飲んだりしましょう。

    会費お一人1000円、もちこみも歓迎です。
    お誘い合わせの上おこしくださいませ。
    そしていきものてん参加作家いきものてん参加の作り手の顔を見たり話を聞いたりしてみてくださいね。
    創作菓子のbonnieuxイシカワノリコさんは残念ながら遠方の別のイベント参加のため不参加。

    土曜日、阿部未来は一日在廊しています。
    1. 2012/10/04(木) 01:07:18|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    いきものてん 作家紹介 2

    いきものてんの作家紹介、二日目。
    前にもいきものてんに参加したことのある二方。
    どちらも造形の面白さと、独特の焼成の魅力があります。

    橋本緑さん

    橋本緑 バク、カバ、ゾウetc

    去年に引き続き参加していただいてます。
    野焼きの研磨土器という独特の手法でいきものを作られる橋本さん。
    陶器の釉薬のものとはまったく違うやわらかな艶は、生乾きの時にひとつひとつ石で磨くことで出ます。
    ゾウ、ばく、アリクイ、インカの招き猫etc.
    プリミティブなようなモダンなような
    エキゾチックだけど親しみやすくユーモアのある
    とても魅力的ないきものたちです。
    身近において触って居たくなる橋本さんの作品この機会にぜひご覧ください。
    今回は、いつもとちょっと違う、ラフにスケッチしたような犬やヤギたちも。
    手描きのポストカードも少しあります。



    栂尾しづくさん

    栂尾しづく

    くれい常設メンバーの栂尾しづくさん
    炭化焼き締めの独特の光沢を持つ作品はくれいではすっかりおなじみです。
    器だけでなく、独特な怪獣や獅子、小さな猫などふだんも出されていますが
    今回は特に、表情豊かで小さな猫たちがたくさん。
    自由気ままにいろんな顔やポーズでかわいい座布団に座ったり転がったりしています。
    ひとつひとつ見ていくと楽しい、ゆかいな猫さん達。
    お値段もかわいらしいです。


    1. 2012/10/03(水) 00:30:41|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    ギャラリーくれい

    Author:ギャラリーくれい
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (36)
    くれい (295)
    安達健 (1)
    阿部未来 (3)
    遠藤隆宣 (1)
    大澤奈津子 (3)
    岡山富男 (1)
    栂尾しづく (1)
    中崎諒 (2)
    日水靖夫 (0)
    レポート (24)
    遠藤 りかこ (1)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。