愛知県瀬戸市、作家直営ギャラリーくれいからのお知らせ。 くれい主催事業各種の告知と、作家個人の出展等活動告知。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    出展者紹介

    豆皿交換プロジェクト
    方々の豆皿  セト@瀬戸 展


    二週目が終わろうとしています。


    ものによっては在庫切れも出てはおりますが、
    まだまだ見応え十分の、ギャラリーくれいです。


    皆さま手のひら大のものを前に、行きつ戻りつしながら
    お時間をかけて選んでくださっています。

    あらためて、小さなものにぎゅっと凝縮された、作家ものならではの魅力を感じます。




    出展者紹介折り返しです。




    野田里美2野田 里美さん。

    名古屋市内で制作されています。


    白く、吸水性のほとんど無い磁土を胎に
    スタイリッシュなデザイン性を押し出しながらも
    現代生活の中で使いやすい「余白」を残した器を作っておられます。


    定番の古樹シリーズは樹肌を思わせるテクスチャー。


    野田里美1今回は新シリーズの銀彩角皿なども。


    写真では分かりにくいですが、表面に銀がほどこされています。

    磨き切ってピカピカにするのでなく、
    ほど良くおさえられたマットな仕上がり。

    わずかな明暗の違いで模様が入れられ、アクセントになっています。


    もちろん銀彩なので、時がたつごとに色の変化も楽しめます。



    意外と食器棚に少ない角もの。
    野田さんは何パターンもご用意くださっています。

    この機会にぜひ。



    野村晃子1尾張瀬戸駅からほど近いところに
    ご自身のお店もやっていらっしゃる野村 晃子さん。



    今回の出品作の中でもとりわけカラフルな器たち。


    花弁を一枚一枚はりつけた造形で
    パステル調の優しい色使いと相まって、癒されます。

    野村晃子2

    「いっちん」という、泥を絞り出す道具を使って描かれた唐草文。

    細かい模様と淡い彩色。
    ひらひらとランダムな口縁。


    テーブルに独特の雰囲気を与えてくれます。



    小さいとどう使えば良いのか迷われる方もいらっしゃいますが、
    豆鉢としてだけでなく、ちょっとした野花を浮かべるのもよいでしょう。

    いくつか並べておくだけでも絵になります。





    お二方ともに女性でありながら、それぞれのスタイルを貫き
    対照的な仕事をされています。


    ここでのご紹介は一部しかできませんので、
    これは、と思われた方はぜひ足をお運びください。


    よろしくお願いします。




    営業は週末29日(土)からまた再開です。

    スポンサーサイト
    1. 2011/10/24(月) 15:24:54|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<出展者紹介 | ホーム | 方々の豆皿 二週目>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://claynagaya.blog102.fc2.com/tb.php/134-4838c4d9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    ギャラリーくれい

    Author:ギャラリーくれい
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (36)
    くれい (295)
    安達健 (1)
    阿部未来 (3)
    遠藤隆宣 (1)
    大澤奈津子 (3)
    岡山富男 (1)
    栂尾しづく (1)
    中崎諒 (2)
    日水靖夫 (0)
    レポート (24)
    遠藤 りかこ (1)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。