愛知県瀬戸市、作家直営ギャラリーくれいからのお知らせ。 くれい主催事業各種の告知と、作家個人の出展等活動告知。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    女子窯展2014 花器いろいろ。その②

    台風が去り、十三夜の月を見て、今日は月蝕。
    何かと空が気になる今日この頃。
    次の週末、台風がきませんように。
    さて、女子窯花器の続きです。
    jyosigama2 010
    橋本緑
    ハリネズミ一輪挿し、トリ一輪挿し

    何度か「いきものてん」に出展していただいている橋本緑さん
    大昔の人達がしていたのと同じような手法の土のどうぶつたち
    久しぶりにくれいに登場です。
    ぴかぴかに磨いたどろだんごに頭や羽根が生えたようなユーモラスなかたちの一輪挿し
    土器に水を入れても大丈夫?って思われるかもしれませんが、大丈夫なのです。
    次に次の土曜日18日には橋本さんの野焼き窯をくれいの前に組んでもらい土器燻し焼きの実演・体験ワークショップを行います。
    火を熾した中に直接土で作ったものを入れ、取りだし、燻す。
    ワクワクドキドキする体験です。ぜひご参加ください。詳細は後日このブログにて。

    jyosigama2 012
    柴田礼美
    どうぶつ花入れ(トラ 白、パンダ 茶、パンダ 白)

    くれい常設展示の柴田礼美さんのどうぶつ花入れ。
    トラのしっぽに花が咲き、パンダは宙に浮く花につかまってふわふわと空中遊泳。
    そんな楽しいワンシーンをそれぞれに表現するこのシリーズ。
    遊び心とていねいな手しごとがつまっています。
    白の方は裏返すとフラットな面にさりげない模様が描かれていて同じ形なのに抽象形態に見え、一点で二度おいしいんですよ。

    ご紹介した以外にも花器いろいろございます。
    花器にしてもいい、というものも。
    さて、次回はなにをご紹介しましょうか・・・置き物、オブジェ系の作品に行ってみましょうか。
    乞うご期待。そして週末は実物を見に来てくださいね。


    女子窯展20142014年10月4日(土)~27日(月)
    at ギャラリーくれいlab.
    出展作家
    陶   ;青柳江美子、阿部恵里、阿部未来、柴田礼美、中島完、橋本緑、まるり(遠藤りかこ)、
    ガラス;一星(山田奈緒子)、松下祐子
    焼菓子;dolcemente(a)
    「窯」を使ってもの作りする女性の作家。
    それを共通項とした10人がバラエティ豊かに繰り広げる女子窯展。
    その二回目を開催します。
    陶とガラス、そして焼菓子もいろいろ。
    さまざまな個性が咲き競う楽しい展示です。
    ぜひご覧ください。
    スポンサーサイト
    1. 2014/10/08(水) 22:52:50|
    2. くれい
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<女子窯展2014 窓際のガラスたち | ホーム | 女子窯展2014 花器いろいろ。その①>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://claynagaya.blog102.fc2.com/tb.php/330-a8cad6ff
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    ギャラリーくれい

    Author:ギャラリーくれい
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (36)
    くれい (295)
    安達健 (1)
    阿部未来 (3)
    遠藤隆宣 (1)
    大澤奈津子 (3)
    岡山富男 (1)
    栂尾しづく (1)
    中崎諒 (2)
    日水靖夫 (0)
    レポート (24)
    遠藤 りかこ (1)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。